ナチュラルチーズ加工・販売 輸入食材販売・輸入・国産ピッツァオーブン販売 ピッツァシステム販売・指導レストラン設計プランニング

ホーム > チーズ談話 > チーズたい焼き

Contents

チーズたい焼き

[2011年]   2011年5月 2日

cheese-taiyaki01.jpg

みなさんのおやつにと、営業さんがたい焼きを買って来てくれました。開けて見て大喜びです!ながの東急ライフさんの1Fに入っている「味匠庵」さんのたい焼きではないですか!!
味匠庵さんのたい焼きは、皮はもちもちとしていて、餡がはみ出すほどどっさり入っている、凄く美味しいたい焼きです。長野では有名なたい焼きの美味しいお店ではないでしょうか。
さて、営業さんが買って来てくれたたい焼きですが、見るからに中身は普通じゃなさそう・・・と思って切ってみると、なんとチーズが入っていました。実は、諏訪角から納品しているチーズを使っているたい焼きでした。チーズは、ドイツのザクセンモッツァレラ50%と、オランダのゴーダが50%の半々、そしてクリームチーズが入っているそうです。
さっそく社員でお味見。まずは社長のご意見を聞いてみました。「チーズがはみ出して、チーズを食べたたい焼きくんみたいだね。お子様のおやつにもピッタリだ。クリームチーズの甘さとゴーダチーズの塩気がマッチしているよ。ひとつお願いとすれば、甘党な私としては餡子を少し入れて欲しいな。割合的には、7~8がチーズで、3~2が餡子。乳製品と餡子の組み合わせは良いよ。」との事。さすが、ただ美味しいだけでは終わらない社長のご意見でした。他の社員さんたちにも聞いてみました。はみ出たチーズの焦げが最高だね。焦げた所おいしいよね。甘さと塩気のバランスが良いな。一切れじゃなくて一匹食べたい。などなど、みんなに好評だったチーズたい焼きでした。

cheese-taiyaki02.jpg

これはぜひ焼いている所を見に行かないと!と言うことで、味匠庵さんに行って参りました。お店には「新発売クリームチーズ始めました。」の貼り紙。たい焼きをお求めになるお客様が途絶えることなくいらっしゃるお忙しいなか、写真を撮りたいとお願いをすると、快くOKを頂きましたので、作っている所を撮影させて頂きました。

cheese-taiyaki03.jpg

手際よく作っていく店員さん。まず、ザクセンモッツァレラとゴーダのシュレッドを生地の上にたっぷり置き、クリームチーズをその上に絞り出して焼いていました。チーズをたっぷり使っているので、たい焼きからはみ出ているのですね。味匠庵さんのたい焼きの皮は本当に美味しくて、皮だけ欲しいとおっしゃられるお客様もいらっしゃるとか。

cheese-taiyaki04.jpg

そう言えば以前、ここでも紹介しましたが、チーズたい焼きを営業事務員さんが作って来てくれました。その時はクリームチーズだけでしたが、ザクセンモッツァレラやゴーダを入れると、塩気とお焦げが良い感じになるのだと思いました。これはさっそく家で挑戦してみるのも良いな、と思いました。その時は、餡子も少し入れてみましょうか。